スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
太陽の下で。




外がとっても暖かかった1日だったので、
お弁当持って、久々に青空の下でのんびりしてきました。

ちょうど桜も満開。
公園はものすごい人でした。

体も動かし、
コリコリに固まった体を痛感。


散歩途中、ここにも寄ってきました。





【くつやのねこ】   いまいあやの


娘がこの猫の絵に惚れ込んでしまい、自分のお小遣いで購入した1冊。

「長靴をはいた猫」をアレンジしたお話で、小さな子どもから大人まで楽しめる1冊。
短めであっという間に読み終えてしまいますが、すーっと引き込まれる雰囲気のあるお話です。

とっても繊細で柔らかな線、
スモーキーな色合い、
日本人が書いたの?と思わせる絵。
私もこういう絵が大好きです。

やっぱりいくつになっても絵本はいいです・・・
また好きな絵本作家さんが1人増えました。



おつりを「入れてもいい?」と迷わず義援金募金箱へ入れる娘。
小さな額でも、その気持ちが大切。

娘だけでなく多くの子どもたちが
日々大きなものを感じ、「自分にできるものは何か」を自然と考え、
子どもたちなりに前へ前へ動いている。

子どもの力もすごいです。









 
□ book comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |